【コンプレックスを解消】目立ついぼなら専門医院で切除しよう

  1. ホーム
  2. 美容外科での治療法

美容外科での治療法

先生

保険適応外の場合もある

いぼの治療法には、薬を服用して自然に取れるのを待つ方法と、物理的に除去する方法の2種類があります。美容外科ではレーザーか液体窒素を使って物理的な治療を行っている場合がほとんどです。まずレーザーによる治療は、主に炭酸ガスレーザーでいぼをくり抜くように切除します。いぼの周辺だけにレーザーを当てることに加え、局所麻酔を行うため痛みが少なく、出血もほとんどありません。傷跡も残りにくく、顔に出来たいぼに対してもよく行われる治療法です。切除後は皮膚の表面が凹んだようになるため、薬用クリームを患部に塗って回復を待ちます。レーザーによる切除治療を受ける回数は通常だと1、2回ほどで済むため、手間をかけずにいぼを無くしたい人にも人気があるようです。しかし、この治療には保険適応外になる可能性が高いというデメリットがあります。料金もクリニックやいぼの大きさによって異なり、2千円以内で済む場合もあれば、2万円以上になることもあります。液体窒素による治療は、「冷凍凝固法」や「凍結療法」とも呼ばれるもので、この治療法では直接の切除は行いません。皮膚表面のいぼがある部分に液体窒素を染み込ませた綿棒を押し当て、人為的にやけどをした状態を作り出します。するといぼの下にある細胞が破壊され、新たに細胞が再生を始めます。その結果、原因となるウイルスに感染した皮膚奥にある細胞が押し出され、古くなったいぼのある皮膚と一緒に剥がれ落ちるのを待つことが、この治療法の一連の流れです。初めの治療後は水ぶくれができるので、かさぶたになって剥がれ落ちたらいぼが残っていないか確かめます。通常はこれを何回か繰り返して、完全に消えれば終了です。この治療は、ほとんどのクリニックで保険が適応されるという点が大きなメリットで、比較的費用を抑えて治療を行うことができます。しかし液体窒素を当てる際には痛みを伴うことや、治療をするごとに少し時間を置かなくてはいけないため、治療の完了までに長い期間がかかることが考えられるというデメリットもあります。