【コンプレックスを解消】目立ついぼなら専門医院で切除しよう

美容外科に任せて安心

カウンセリング

治療後は大事にしよう

いぼは、美容外科で切除するのが一番です。美容外科なら、いぼを切除した後の肌の美しさまできちんと考えて治療を行ってくれるので、切除後に色素沈着が残ったり、デコボコが出来たりしないよう細心の注意を払ってくれます。いぼの治療には専用のレーザーが使われるのが現在の主流で、状態や大きさによっては従来通りメスによる切除手術が選択される場合もありますが、ほとんどの場合はレーザーで焼くことになるでしょう。レーザーによる治療は、ピンポイントでいぼだけを治療出来る点や、ダウンタイムがほとんどないので日常生活に支障が出にくい点がメリットです。施術はとても短い時間で終わりますし、照射にあたって特別注意しなければいけないようなこともあまりないでしょう。ただ、レーザーを照射した当日は患部を濡らすのは厳禁なので、シャワーやお風呂だけでなく、水仕事にも注意しましょう。ほとんどの場合、一週間くらいで照射したところにかさぶたが出来て、新しい皮膚が作られ始めます。かさぶたは気になりますが、キレイに治すためにも絶対に触ることはせず、自然に剥がれ落ちるのを待って下さい。患部は常に清潔に保ち、紫外線などからダメージを受けないように注意しましょう。皮膚の表面が削れている状態ですから、ささいな刺激でも与えないよう大事にするのがキレイに治す秘訣です。美容外科によっては、ヨクイニンなどの内服薬が処方される場合もあります。内服薬は、身体の内部から皮膚の免疫力を高めていぼに対抗出来る環境を作るために役立ちます。主治医の指示通りきちんと服用して、再発防止や拡散防止に務めたいですね。いぼを取り除いた後はうっすら赤味が残りますが、半年程度経過すると、まるで何もなかったかのようにキレイになるのが一般的です。強い肌を作るためにも、ビタミンやミネラル、たんぱく質をしっかり摂取して、美肌効果を蓄えましょう。いぼはウィルス性のものも多いですが、感染症に対抗する力をつけるのがビタミンAです。主治医の指示をよく聞くことも大切ですが、自分でも食生活を整えて、いぼを作らない肌にすることも大事ですね。

先生

美容外科での治療法

美容外科でのいぼ治療には、主にレーザーによって切除する方法と、液体窒素によって細胞を破壊する方法があります。痛みが少ないのはレーザーによる治療で、保険が適応される可能性が高いのは液体窒素による治療です。

ウーマン

快適になることを

いぼの切除を美容外科ですることを望む人は多くて、美容外科ではより綺麗にいぼを切除できるレーザー治療などを受けることができます。液体窒素を使用する治療も人気で、液体窒素を使用する治療は保険の適用があり費用的にお得となります。

看護師

埋もれがちなリスクの存在

美容外科で受けられるいぼ治療は、メスや液体窒素を使った切除です。切除による治療は、複数回通うことになっても安価で済むことが特徴です。いぼが大きくなると、リスク管理の都合上通う回数が増え、費用がかさみます。決断は早めにしましょう。

レディ

最新技術で的確に除去

高い効果を得たいのなら、炭酸ガスレーザーでの施術がおすすめです。いぼを切除する手段はたくさんありますが、炭酸ガスレーザーは大きいいぼや根の深いいぼでも切除できます。費用も一万円以内で済むので、気軽に施術を申し込みましょう。

ドクター

治療方法は種類で判断

いぼにも複数の種類があり、それぞれ特性や治療方法は異なります。いぼの切除を希望する人は、まずは自分のいぼの種類を正しく把握して、最適な治療方法を探しましょう。悪性の病気である可能性もあるので、いぼの種類だけでも判別しておくと良いでしょう。